眩暈(目眩・メマイ)の悩み.COM
 眩暈(めまい)の悩み.COM > 子どもの眩暈(めまい) > 小児眩暈(めまい)の特徴 難聴.COM サイトマップ
眩暈(めまい)を伴なう病気
耳鼻科の眩暈(めまい)病
メニエール病
  @メニエール病の基本的症状
  Aメニエール病の起こる仕組み
  Bメニエール病の検査・診断
  Cメニエール病の治療・療法
  Dメニエール病の予防法
  Eメニエール病の症例
発作性頭位眩暈症
良性発作性頭位眩暈症
内耳炎
職業性難聴(音響外傷)
突発性難聴
レルモワイエ症候群
聴神経腫瘍(前庭神経腫瘍)
頸椎(けいつい)の老化
前庭神経炎

脳外科の眩暈(めまい)病
眩暈は脳の重病徴候
悪性発作性頭位眩暈症
仮性良性発作性頭位眩暈症
中脳水道周辺症候群
動脈硬化症
仮性ダンディ症候
高血圧
低血圧
脳梗塞
脳腫瘍
一過性脳虚血発作
小脳出血・橋出血・くも膜下出血
脊髄小脳変性症
椎骨脳底動脈循環不全
頭部外傷:事故、後遺症
むち打ち症
薬物・アルコールの影響

子どもの眩暈(めまい)病
小児眩暈の特徴
起立性循環調節障害(脳貧血)
先天性眼振
心因性の眩暈
有機溶剤中毒(シンナー中毒)
眩暈(めまい)の治療法・予防法
眩暈(めまい)の治療法
眩暈(メマイ)急性期の治療方法
眩暈(メマイ)慢性期の治療方法
眩暈(メマイ)克服の3ポイント
カクテル療法(薬物療法)
中耳腔注入療法
水性ステロイド剤で中耳腔注入療法

眩暈(めまい)の予防法

眩暈改善の生活習慣注意事項
眩暈改善に四股(シコ)踏み
イチョウ葉エキスで血栓予防
高知名度のメニエール病の呪縛
毛染め液も眩暈発作の一因
眩暈の仲間・乗り物酔いの予防策
眩暈(めまい)の原因究明方法
眩暈(めまい)の問診
原因究明はまず問診、次に検査
知識と臨床経験で正確な問診を
眩暈病原を絞り込む問診
眩暈の問診で調べる3点
眩暈の適切な問診・5つの手順

眩暈(めまい)の検査
問診後の眩暈(めまい)の検査
  @オージオメーター検査
  A聴性誘発反応(ABR)検査
身体の平衡障害検査
眩暈発生と聴覚機能の重要性
眩暈と目の平衡機能検査
眩暈と目の特殊機能検査
眩暈と耳鳴りの検査
眩暈(めまい)の起こる仕組み

眩暈(めまい)の基礎知識
眩暈(めまい)のマメ知識
問診の重要性(荻野久作医師)
先天性難聴の発見は一歳までに
耳の基礎知識
耳の仕組み・働き
耳の検査
音の聞こえる仕組み
耳の症状と病気
難聴[重度:聞こえない]
難聴[軽度:聞こえにくい]
耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
めまいがする
ふらつく、よろめく
耳が痛い
耳垂れがする
耳から血が出る
耳が腫れる
耳がかゆい

小児眩暈(めまい)の特徴

- 子どもの眩暈(めまい)の病気


大人に比べて傾向がつかみにくい

 近年、子どもの眩暈(メマイ)も増えています。子どもの眩暈は、成人や高齢者とはまったく異なります。大人の眩暈は、原因がメニエール病などの内耳疾患か、もしくは脳の血管障害などが大半を占めると述べました。ところが、子どもではそういうケースがあまりありません。
 大人と違う特異な症状を示すにも関わらず、子どもの眩暈を専門とする医師はほとんどいないのが実情です。子どもの場合、本人から得られる情報がきわめて少なく、母親など家族を介した情報が圧倒的に多くなるため、自覚症状の把握に医師は努力を要します。しかも、眩暈は原因となる疾患がさまざまなうえ、子どもの場合は新生児期・乳幼児期・学童期と、疾患も異なります。大人の治療ですら敬遠されがちなのに、子どもとなるとなおさらです。そのため、頭痛や発熱などと同じように対症療法で済まされてしまうことが大半です。こうしたことから、子どもの眩暈は大人の場合より、診断がさらに難しくなるケースが少なくありません。しかも、幼い子は「めまいがする」とは自ら訴えることができません。2〜3歳ごろ、一人立ちが遅い、転びやすい、筋緊張の低下などの症状が出てきて、周りの大人が気づくケースがほとんどです。とはいえ、眩暈がそうした症状を起こしているとわかる親は少なく、たいていは整形外科や小児科を受診します。子どもが眩暈感を訴えられるようになるのは、4〜5歳ごろからでしょう。

診断が困難で、病態としては一般的にボーダーラインのケースが多い

 ただ、診断が難しいながらも、病態としては一般的にボーダーラインのケースが多いのも事実です。なかには発達が少しだけというケースもあります。
 しかし、とくに3〜4歳で転びやすいという場合、脳腫瘍(ノウシュヨウ)の好発年齢だということを念頭に置いておいてください。子どもの脳腫瘍は悪性のものが多く、進行が速いという特徴があります。めまいとともに元気がなくなり、体重の減少や食欲不振が見られ、頭痛や吐き気を訴えるなどの症状を示したときには要注意です。
 たとえば、ある患者さんは5歳の男のです。ふだんは元気でしたが、転びやすく、ときどき嘔吐(オウト)もありました。診察時、頭痛を訴えるので調べてみると、目に異常な動きが出ています。エックス線とCTで脳を診た結果、小脳に腫瘍があることがわかり、脳外科に入院しました。
 また、生まれつきの後頭蓋(コウズガイ)の奇形も忘れてはなりません。なお、子どもの診察はふつう、母親から子どもの様子を入念に聞き出す問診から始まります。その後、運動発達の評価をして平衡機能に異常がないかを確かめます。それから、聴力検査によって内耳の障害を確かめ、回転検査や前庭眼反射などの検査をいくつか行い、眩暈(メマイ)の原因を突き止めていくことになります。

◇「子どもの眩暈(めまい)の病気」記事一覧◇



☆眩暈(めまい)の基礎知識☆
☆よく読まれている記事☆

★眩暈(目眩・めまい)の悩みのQ&A★


RSS

突発性難聴
主に突発的な難聴の病状対策や感音難聴の原因の解説、難聴に関連する病気全般、 耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
toppatu.com

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

花粉症.COM
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

喘息.COM
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ inserted by FC2 system