眩暈(目眩・メマイ)の悩み.COM
 眩暈(めまい)の悩み.COM > 耳鼻科の眩暈(めまい)病気 > メニエール病A起こる仕組み 難聴.COM サイトマップ
眩暈(めまい)を伴なう病気
耳鼻科の眩暈(めまい)病
メニエール病
  @メニエール病の基本的症状
  Aメニエール病の起こる仕組み
  Bメニエール病の検査・診断
  Cメニエール病の治療・療法
  Dメニエール病の予防法
  Eメニエール病の症例
発作性頭位眩暈症
良性発作性頭位眩暈症
内耳炎
職業性難聴(音響外傷)
突発性難聴
レルモワイエ症候群
聴神経腫瘍(前庭神経腫瘍)
頸椎(けいつい)の老化
前庭神経炎

脳外科の眩暈(めまい)病
眩暈は脳の重病徴候
悪性発作性頭位眩暈症
仮性良性発作性頭位眩暈症
中脳水道周辺症候群
動脈硬化症
仮性ダンディ症候
高血圧
低血圧
脳梗塞
脳腫瘍
一過性脳虚血発作
小脳出血・橋出血・くも膜下出血
脊髄小脳変性症
椎骨脳底動脈循環不全
頭部外傷:事故、後遺症
むち打ち症
薬物・アルコールの影響

子どもの眩暈(めまい)病
小児眩暈の特徴
起立性循環調節障害(脳貧血)
先天性眼振
心因性の眩暈
有機溶剤中毒(シンナー中毒)
眩暈(めまい)の治療法・予防法
眩暈(めまい)の治療法
眩暈(メマイ)急性期の治療方法
眩暈(メマイ)慢性期の治療方法
眩暈(メマイ)克服の3ポイント
カクテル療法(薬物療法)
中耳腔注入療法
水性ステロイド剤で中耳腔注入療法

眩暈(めまい)の予防法

眩暈改善の生活習慣注意事項
眩暈改善に四股(シコ)踏み
イチョウ葉エキスで血栓予防
高知名度のメニエール病の呪縛
毛染め液も眩暈発作の一因
眩暈の仲間・乗り物酔いの予防策
眩暈(めまい)の原因究明方法
眩暈(めまい)の問診
原因究明はまず問診、次に検査
知識と臨床経験で正確な問診を
眩暈病原を絞り込む問診
眩暈の問診で調べる3点
眩暈の適切な問診・5つの手順

眩暈(めまい)の検査
問診後の眩暈(めまい)の検査
  @オージオメーター検査
  A聴性誘発反応(ABR)検査
身体の平衡障害検査
眩暈発生と聴覚機能の重要性
眩暈と目の平衡機能検査
眩暈と目の特殊機能検査
眩暈と耳鳴りの検査
眩暈(めまい)の起こる仕組み

眩暈(めまい)の基礎知識
眩暈(めまい)のマメ知識
問診の重要性(荻野久作医師)
先天性難聴の発見は一歳までに
耳の基礎知識
耳の仕組み・働き
耳の検査
音の聞こえる仕組み
耳の症状と病気
難聴[重度:聞こえない]
難聴[軽度:聞こえにくい]
耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
めまいがする
ふらつく、よろめく
耳が痛い
耳垂れがする
耳から血が出る
耳が腫れる
耳がかゆい

メニエール病A起こる仕組み

- 耳鼻科の眩暈(めまい)病気


メニエール病になりやすい人とは?

働き盛りで、神経質、几帳面、ストレスの多い人に多い

  メニエール病は、精神的ストレスや肉体的ストレスの影響を受けやすい病気です。したがって、仕事などでストレスを受けることの多い、30歳代から50歳代の働き盛りの人に多くみられます。
  性格的には、神経質な人や几帳面な人、完璧主義な人などに、起こりやすい傾向があります。男女については、それほど大きな差はありません。
 特に、仕事が猛烈に忙しい、責任の重い役職に就く、対人関係がうまくいかない、転職や配置転換、リストラの対象になるというような場合は、大きなストレスが加わります。実際、こうしたストレスが引き金となって、メニエール病を発症するケースが、かなり目立っています。

 

メニエール病の起こる仕組みとは?

内耳の内リンパ液が過剰になり、平衡感覚や聴覚に異常を起こす

  メニエール病の原因は、まだ解明されていませんが、眩暈を起こしている患者さんの内耳を調べると、特有の変化が見られます。内耳は、平衡感覚をつかさどる「半規管(ハンキカン)」と「耳石器(ジセキキ)」、音を伝える「蝸牛(カギュウ)」に大別されます。蝸牛の内部は「前庭階(ゼンテイカイ)」「蝸牛管」「鼓室階」に分かれており、前庭階と鼓室階は「外リンパ液」で満たされ、蝸牛管は「内リンパ液」で満たされております。蝸牛管は、半規管とつながっており、半規管や耳石器も、内リンパ液で満たされています。

眩暈(めまい)メニエール病

眩暈(めまい)メニエール病

  内リンパ液は、蝸牛(カギュウ)や半規管(ハンキカン)でつくられ、「内リンパのう」で吸収されます。内リンパ液の循環量は、常に一定に調整されていますが、メニエール病では、内リンパ液の生産と吸収のバランスが崩れて、内リンパ液が過剰になります。そのため、蝸牛や半規管、耳石器に、内リンパがたまって膨れ上がる「内リンパ水腫(スイシュ)」が起こります。これが、メニエール病を起こすのですが、内リンパ液の産生と吸収のバランスが崩れる原因は不明です。
 内リンパ水腫では、蝸牛管と前庭階(ゼンテイカイ)を仕切っている「ライスネル膜」が圧迫され、耳の閉塞感や軽い難聴が起こってきます。内リンパ水腫がひどくなると、ライスネル膜が破れ、成分の異なる内リンパ液と外リンパ液が混ざりあいます。ほかに、内リンパ液のカリウムイオンがライスネル膜を通って前庭階から鼓室階に流れるという説もあります。その結果、音の振動を受け取る蝸牛管の感覚細胞が強く刺激されて、耳鳴りや難聴が起こってきます。
 外リンパ液と混ざりあった内リンパ液は、半規管にも流れ込みます。半規管も、その強い刺激を受けるため、平衡感覚の調節に不都合が生じて、激しい眩暈(メマイ)が引き起こされるのです。しかし、蝸牛管から、内リンパ液が流れ出してしまい、蝸牛管内の圧力が下がると、ライスネル膜の破れた部分が癒着(ユチャク)して塞がるため、症状は治まります。

≫次の記事「メニエール病B検査・診断」へ

◇「メニエール病」についての記事一覧◇



☆眩暈(めまい)の基礎知識☆
☆よく読まれている記事☆

★眩暈(目眩・めまい)の悩みのQ&A★


RSS

突発性難聴
主に突発的な難聴の病状対策や感音難聴の原因の解説、難聴に関連する病気全般、 耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
toppatu.com

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

花粉症.COM
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

喘息.COM
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ inserted by FC2 system