眩暈(目眩・メマイ)の悩み.COM
 眩暈(めまい)の悩み.COM > 耳鼻科の眩暈(めまい)の病気 > 突発性難聴:突然の難聴や耳鳴り 難聴.COM サイトマップ
眩暈(めまい)を伴なう病気
耳鼻科の眩暈(めまい)病
メニエール病
  @メニエール病の基本的症状
  Aメニエール病の起こる仕組み
  Bメニエール病の検査・診断
  Cメニエール病の治療・療法
  Dメニエール病の予防法
  Eメニエール病の症例
発作性頭位眩暈症
良性発作性頭位眩暈症
内耳炎
職業性難聴(音響外傷)
突発性難聴
レルモワイエ症候群
聴神経腫瘍(前庭神経腫瘍)
頸椎(けいつい)の老化
前庭神経炎

脳外科の眩暈(めまい)病
眩暈は脳の重病徴候
悪性発作性頭位眩暈症
仮性良性発作性頭位眩暈症
中脳水道周辺症候群
動脈硬化症
仮性ダンディ症候
高血圧
低血圧
脳梗塞
脳腫瘍
一過性脳虚血発作
小脳出血・橋出血・くも膜下出血
脊髄小脳変性症
椎骨脳底動脈循環不全
頭部外傷:事故、後遺症
むち打ち症
薬物・アルコールの影響

子どもの眩暈(めまい)病
小児眩暈の特徴
起立性循環調節障害(脳貧血)
先天性眼振
心因性の眩暈
有機溶剤中毒(シンナー中毒)
眩暈(めまい)の治療法・予防法
眩暈(めまい)の治療法
眩暈(メマイ)急性期の治療方法
眩暈(メマイ)慢性期の治療方法
眩暈(メマイ)克服の3ポイント
カクテル療法(薬物療法)
中耳腔注入療法
水性ステロイド剤で中耳腔注入療法

眩暈(めまい)の予防法

眩暈改善の生活習慣注意事項
眩暈改善に四股(シコ)踏み
イチョウ葉エキスで血栓予防
高知名度のメニエール病の呪縛
毛染め液も眩暈発作の一因
眩暈の仲間・乗り物酔いの予防策
眩暈(めまい)の原因究明方法
眩暈(めまい)の問診
原因究明はまず問診、次に検査
知識と臨床経験で正確な問診を
眩暈病原を絞り込む問診
眩暈の問診で調べる3点
眩暈の適切な問診・5つの手順

眩暈(めまい)の検査
問診後の眩暈(めまい)の検査
  @オージオメーター検査
  A聴性誘発反応(ABR)検査
身体の平衡障害検査
眩暈発生と聴覚機能の重要性
眩暈と目の平衡機能検査
眩暈と目の特殊機能検査
眩暈と耳鳴りの検査
眩暈(めまい)の起こる仕組み

眩暈(めまい)の基礎知識
眩暈(めまい)のマメ知識
問診の重要性(荻野久作医師)
先天性難聴の発見は一歳までに
耳の基礎知識
耳の仕組み・働き
耳の検査
音の聞こえる仕組み
耳の症状と病気
難聴[重度:聞こえない]
難聴[軽度:聞こえにくい]
耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
めまいがする
ふらつく、よろめく
耳が痛い
耳垂れがする
耳から血が出る
耳が腫れる
耳がかゆい

突発性難聴:原因不明の突然の難聴や耳鳴り

- 耳鼻科の眩暈(めまい)の病気


頑固な難聴や耳鳴りの突発性難聴

 突発性難聴とは、一回の発作で短時間のうちに高度な難聴を引き起こす疾患で、多くの場合、頑固な耳鳴りを残します。数年前、若者に人気の歌手が発病したことで話題になりましたから、病名を知っている人もご存じでしょう。それ以降も、何人か患ったという話も耳にしています。
 この疾患がメニエール病の症状と大きく異なる点は、レルモワイエ症候群と同じく、眩暈の現れ方です。眩暈・難聴・耳鳴りがセットになって、同時に現れる点はメニエール病と似ていますが、メニエール病のように激しい眩暈を繰り返すことはありません。反面、難聴や耳鳴りはとても頑固で、難聴の程度によっては、完治は困難を極めます。とくに難聴は、2週間以内の治療が勝負になります。この間に適切な治療をしない限り、聴力の回復はのぞめなくなります。
 多くの突発性難聴の原因は、内耳へと続く動脈が詰まることにあります。内耳は、感覚器としての蝸牛(かぎゅう)、平衡器(へいこうき)としての耳石器・三半規管という3つの器官で構成されています。それらの働きを支えているのが内耳動脈で、脳底動脈から枝分かれした細い血管です。その血管が詰まると、内耳に対する血液の供給が途絶えます。まず影響を受けるのは、酸欠に最も敏感な蝸牛です。その症状として、耳が塞がった感じと耳鳴りがし、聞こえが悪くなります。

内耳

回転性の眩暈としつこい耳鳴り

 次いで耳石器が傷つき、フワフワした感覚の眩暈が起こります。やがて、回転性の眩暈が始まりますが、これは酸欠に比較的鈍感な三半規管の症状です。
なお、一時的に詰まった血管の流れが再開すると、今度は回転性の眩暈、フワフワした感覚の眩暈というように、発症とは逆の順番で治まっていき、耳鳴りは残るのが普通の経過です。
 内耳動脈の血管をふさぐ要因は、さまざまなものが考えられます。薬物中毒、神経炎、内耳出血、内耳動脈の血栓症(けっせんしょう)や塞栓症(そくせんしょう)、聴神経腫瘍の初期、内耳梅毒などがあげられるでしょう。
 ちなみに血栓症とは、動脈硬化の血管に血の塊(血栓:けっせん)ができ、それが血流をせき止めてしまう症状を指します。一方の塞栓症(そくせんしょう)とは、血の塊が血流に乗って移動し、血管の細くなった場所を詰まらせる症状です。血栓症は、症状がジワジワ起こり、塞栓症は血の塊がよそから飛んできて、血管を詰まらせるので発症が急激です。
なお、突発性難聴は、内耳動脈が詰まって起こりますから、予防には血圧を正常に保ち、動脈硬化を防ぐことが何よりも重要です。

三半規管

最近の傾向と眩暈の特徴

 「昭和ひとけた世代は、血管が弱い」と言われています。栄養の悪い時代に育ち、年齢的にも動脈硬化を起こしやすいからです。しかし、今日は、30〜40歳代から同じような現象が見られます。これは、突発性難聴にも当てはまるようで、この世代以上の人はとくに注意が必要です。
 若い人も気をつけなければなりません。最近の傾向として、イヤホンやヘッドホンの使用が発症の原因になるケースが増えています。耳を塞いで強い音圧を受けると、その刺激によって内耳動脈が細くなり、詰まりやすくなるのです。

 なお、突発性難聴では、眩暈の症状が他の内耳疾患と少々異なります。内耳疾患による眩暈の場合、内耳に障害が生じて、平衡器としての役目が損なわれると、その働きを脳が補おうと働くため、眩暈発作はやがて消えていくのが普通です。この働きを「脳の代償」と言います。
 ところが、突発性難聴の場合は、脳の代償が確立しにくい傾向があります。平衡器である前庭迷路の障害が明らかでなく、いわば半殺しの状態のため、脳が内耳の働きを補おうとうまく働かないのです。そのため、ときには1年以上という長期間にわたり、浮動性の眩暈や平衡障害が続き、こうなると患者さんの苦痛はさらに大きくなります。

◆「耳鼻科の眩暈(めまい)の病気」の記事一覧◆



☆眩暈(めまい)の基礎知識☆
☆よく読まれている記事☆

★眩暈(目眩・めまい)の悩みのQ&A★


RSS

突発性難聴
主に突発的な難聴の病状対策や感音難聴の原因の解説、難聴に関連する病気全般、 耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
toppatu.com

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

花粉症.COM
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

喘息.COM
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ inserted by FC2 system